松井 日米通算487二塁打 立浪氏のプロ野球最多に並ぶ

[ 2011年8月27日 12:00 ]

レッドソックス戦の4回、アスレチックス・松井が中越えに2点二塁打を放ち、プロ野球の通算最多二塁打記録の487に並ぶ

 米大リーグは26日、各地で行われ、アスレチックスの松井秀喜外野手はボストンでのレッドソックス戦に「3番・左翼」で出場し、4回の第3打席でに中越えへの2点二塁打を放ち、元中日の立浪和義氏が持つプロ野球の通算最多二塁打記録の487に日米通算で並んだ。

 内容は二ゴロ、中飛、中越え二塁打(打点2)、遊ゴロ、三ゴロ、二ゴロで打率2割5分8厘。チームは15―5で勝った。

 ▼松井の話 初球のナックルボールが高めから入ってきた。しっかり打つことができた。(日米通算487二塁打の感想は)正直あまりない。たくさん打ってきたんだな、という感じはするが。(左翼の守備でクッションボールを素早く処理したが)この球場の特徴はだいたいはつかんでいるつもり。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月27日のニュース