プロ注目左腕 松本「出来は90点」 苦しみながらも毎回11K

[ 2011年8月9日 10:07 ]

糸満―英明 最終打者を三振に打ち取り、雄たけびを上げる英明・松本
Photo By スポニチ

第93回全国高校野球選手権1回戦 英明4―1糸満

(8月9日 甲子園)
 プロ注目の192センチ左腕、英明の松本が苦しみながらも初戦を突破した。

 被安打は4本も先頭打者を四球で出すこと3度。3回以外は毎回走者を許し、4回には自らの悪送球で失点した。

 それでも最速145キロのストレートとスライダー、フォークで要所を三振で切り抜けるあたりはさすが。毎回の11三振を奪いチームに甲子園初勝利をもたらした。

 「前半は高めに浮いてしまったが、後半は修正できた。90点の出来。次はもっと低めに投げたい」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月9日のニュース