白樺学園 エースが右肩痛…「背番号8」川越が先発へ

[ 2011年8月9日 06:00 ]

大内部長が見守る中、投球練習を行った川越

第93回全国高校野球選手権 白樺学園―鳥取商

(8月8日 甲子園)
 白樺学園は、初出場した06年にかなわなかった甲子園初勝利を目指し、兵庫・伊丹スポーツセンターで2時間の最終調整を行った。

 エース小林が北北海道大会から続く右肩痛のため先発を回避。9日の鳥取商戦の先発が濃厚となった背番号8の川越は、ブルペンで63球を投げ込んだ。「背番号は8でも、エースの自覚を持って投げたい」。昨年秋までエースナンバーを背負っていた右腕は、チームの命運を担う大役に気持ちを引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月9日のニュース