暴言はなし…落合監督 覚悟の抗議、遅延行為で退場

[ 2011年8月9日 19:27 ]

1回、英智のファウルの判定に抗議する中日・落合監督

セ・リーグ 中日0―1阪神

(8月9日 ナゴヤD)
 落合監督が1回、英智の打席のときに判定を不服として長時間抗議し、遅延行為で退場となった。

 落合監督はバントの構えからバットを引いた英智の2球目のファウルの判定について、左手に当たった死球だと主張したという。小林和球審によると、遅延行為で退場処分となる5分間になることを告げたものの、落合監督は「自分は引き下がらない」と退場覚悟で抗議を続けた。同球審は「暴言などはありませんでした」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月9日のニュース