白樺学園 延長戦で甲子園初勝利 鳥取県勢は夏8連敗

[ 2011年8月9日 15:07 ]

鳥取商―白樺学園 4回表白樺学園1死一、二塁、表の中前打で二走小林が先制の生還。捕手岸本滉

第93回全国高校野球選手権1回戦 白樺学園3―2鳥取商

(8月9日 甲子園)
 第93回全国高校野球選手権大会は9日、大会4日目が行われ、第3試合は延長11回の末、白樺学園(北北海道)が鳥取商(鳥取)に、3―2で勝ち、2回戦に進出した。

 白樺学園は2度目の出場で甲子園初勝利。鳥取県勢は04年夏からこれで8連敗となった。

 白樺学園は延長11回、1死一、三塁で併殺崩れの間に、三塁走者が生還し勝ち越した。

 鳥取商は9回無死一塁で5番吉多が左越え三塁打で同点に追いつく粘りをみせたが、延長戦で力尽きた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月9日のニュース