関商工 最後は力負け…北川監督「打力上げないと」

[ 2011年8月9日 06:00 ]

<如水館・関商工>延長13回、如水館・木村にサヨナラ打を浴びガックリの関商工・安江(中)

第93回全国高校野球選手権大会1回戦 関商工2-3如水館

(8月8日 甲子園)
 関商工は創部66年目の初舞台で強豪相手に堂々の接戦を演じたが、最後は力負け。

 それでも佐藤主将は「結果的に負けたが、全員が勝つことを信じて笑顔でプレーできた」と誇らしげに胸を張った。3回以降無得点に抑えられた打線が敗因だけに、北川英治監督は「決して気持ちでは負けていなかった。ただ、打力を上げないと甲子園では勝てない」と話して再起を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月9日のニュース