鮮やか能代商 逆転勝ち!秋田勢 夏13連敗で止まる

[ 2011年8月9日 12:23 ]

逆転勝ちで初戦を突破し、大喜びする能代商ナイン

第93回全国高校野球選手権1回戦 能代商5―3神村学園

(8月9日 甲子園)
 第93回全国高校野球選手権大会は9日、大会4日目が行われ、第2試合では能代商(秋田)が神村学園(鹿児島)に、5―3で勝ち、2回戦に進出した。

 98年以来、13連敗が続いていた秋田勢は14年ぶりに夏の甲子園で初戦を突破した。

 2点を追う能代商は6回、3連打など4本の長短打に相手のミスも絡んで一挙4点が入り逆転。エースの保坂が走者を許しながらも、後半得点を許さず逃げ切った。

 神村は3回、死球と相手失策で好機をつくり、3番坂口の中犠飛と4番本田の左前打で2点を先制。5回にも1点を追加したが、主戦の久保が突如崩れ、打線も後半は粘れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月9日のニュース