伊藤 7回に制球乱し敗戦投手に…落合監督「お勉強」

[ 2011年7月11日 06:00 ]

セ・リーグ 中日1-3横浜

(7月10日 ナゴヤD)
 イケメン右腕の中日・伊藤が7回につかまった。

 6回まで1安打無失点。しかし2死球などで1死満塁とし、中村への押し出し四球で同点。続く代打・稲田に勝ち越し2点打を浴びた。プロ入り最多の116球を投げたが「疲れは自分では感じていなかったけれど、変化球の切れも真っすぐのコントロールもなくなっていた」。3日の巨人戦(東京ドーム)も7回まで1安打ながら、8回に崩れ完投を逃した。落合監督は「お勉強、お勉強。うんとお勉強してもらいましょ」と20歳のホープの今後に期待していた。

 ▼中日・小池(4回に先制の右前打に)狙った球を一球で仕留められた。初球から狙っていました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月11日のニュース