平尾が2打席連続適時打!「点を取れる時に取れた」

[ 2011年7月11日 20:12 ]

パ・リーグ 西武―オリックス

(7月11日 西武D)
 西武の平尾が2打席連続で適時打を放った。1―0の一回1死満塁では「満塁だったので勢いがついて良かった」と言う左翼線への2点二塁打。1点を奪われた直後の3回も再びリードを5点とする左前打に「点を取れる時に取れた」と話した。

 これまで代打の切り札として活躍してきたが、9日から3戦連続で先発出場している。低迷するチームにあって中島、中村、フェルナンデスの中軸がやっと調子を上げてきたが、35歳のベテランも負けじと存在感を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月11日のニュース