3、4番の中島&中村 ともにリーグトップの49打点

[ 2011年7月11日 06:00 ]

<西・オ>3回2死一、二塁、左前適時打を放つ中島

パ・リーグ 西武9-3オリックス

(7月10日 西武D)
 西武の中島、中村の3、4番コンビが、合わせて5打点の活躍でチームを2連勝に導いた。

 ともにリーグトップの49打点。144試合では112打点ペースだ。中島は「僕が走者を還しても、あいつ(中村)が僕を還すし、(本塁打で)自分まで還ってくるからね」。渡辺監督は「打線が良い形でつながっている。還すべき人が還した」と手応えを口にした。

 ▼西武・栗山(3安打2四球で全打席出塁)1番に入ってからチャンスメークはうまくできているかなと思います。

 ▼西武・原(3回、5連打を呼び込む中前打)後ろにつなげば何とかなると思っていました。これからも自分の仕事をやっていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月11日のニュース