西村監督 2戦連続零敗に怒り「伝わってこない選手いた」

[ 2011年7月11日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ0-4ソフトバンク

(7月10日 ヤフーD)
 ロッテは今季初の2試合連続零敗を喫した。摂津の多彩な変化球を打ちあぐねて8回でわずか2安打。対戦成績は今季3戦3敗となった。

 6回2死一塁では、暴投の間に三塁を狙った伊志嶺が憤死。「無理する場面ではなかった」と肩を落とした。摂津とは15日からの3連戦(QVCマリン)でも対戦が濃厚。攻略の糸口がつかめず、西村監督は「何とかしないとという気持ちをもっと出していかないと。伝わってこない選手もいた」と厳しい口調だった。

 ▼ロッテ・渡辺俊(今季初のソフトバンク戦で5回6安打2失点)足の速い打者(本多)を四球で出して、失点につなげてしまった。粘って投げることができていたので、もったいなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月11日のニュース