原監督 苦肉の配置転換「「時がたてば分かってもらえるでしょう」

[ 2011年7月11日 06:59 ]

<巨・広>試合前、ノックを受ける東野

セ・リーグ 巨人3-0広島

(7月10日 東京D)
 今季の開幕投手を務めた巨人の東野峻投手(25)が守護神に配置転換された。

 2日前の広島戦(東京ドーム)で93球を投げていることもあり、3点リードの9回は久保がマウンドに上がったが、原監督は「時がたてば(誰がやるか)分かってもらえるでしょう」と説明した。東野も「後ろの方で投げてくれという指示。言われたところで投げるだけです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月11日のニュース