T―岡田“4番の貫録”右腕だけで殊勲の決勝打

[ 2011年4月18日 06:00 ]

<楽・オ>8回無死一、二塁、T-岡田は右前に勝ち越し適時打を放つ

パ・リーグ オリックス4-1楽天

(4月17日 甲子園)
 打撃好調を維持しているオリックスのT―岡田が、4番として勝負強さを発揮した。

 同点の8回無死一、二塁。片山の低めのスライダーを、体勢を崩されながらも右腕だけで右前へ。殊勲の決勝打に「最悪でも絶対に走者を二、三塁にすることを考えていた。スライダーに食らいついた」。開幕から6試合連続安打中の若き大砲が、バットで西に初勝利をプレゼントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース