ロッテ打線、斎藤に白星献上…「振らされた」

[ 2011年4月18日 06:00 ]

<日・ロ>5回1死、二ゴロに倒れる大松

パ・リーグ ロッテ4-8日本ハム

(4月17日 札幌ドーム)
 ▼岡田 制球がいいし低めに集まっていた。(初回の三振は)フォークと分かっていても振らされてしまった。

 ▼荻野貴 けん制がうまくてクイックも速い。間を取るのもうまい。癖を見つけたいけど分からない。

 ▼金泰均(キムテギュン) 制球も変化球の切れも良かった。これといった特徴はないけどいい投手。

 ▼福浦 安打にした球は甘かったけど、丁寧に低めに投げられると攻略するのは難しい。

 ▼今江 変化球が曲がり切らず、逆に(打ち損じた)というのもある。球が速いわけでもなく振らされた感じ。

 ▼サブロー 変化球が良かったし、球が低めに集まっていた。振らされてしまった。

 ▼大松 リズムをつかませないようにしたかったけど。大舞台を経験しているし、ペースを乱さずに貫かれた。

 ▼里崎 斎藤君だなと。2打席だけでは分からない。配球も打者によって違ったので。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース