ホフパワー、斎藤に“勇気”の逆転満塁弾!

[ 2011年4月18日 06:00 ]

<日・ロ>初回2死満塁、ホフパワーは本塁打を打つ
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム8-4ロッテ

(4月17日 札幌ドーム)
 折れそうになったルーキーの心を、ひと振りで救った。2点を先制された直後の初回2死満塁。3四球と制球に苦しむ大嶺の初球を日本ハム・ホフパワーは迷わず振った。打球は一瞬にして右翼席中段へ。開幕5戦で3発目。逆転満塁弾は、プロ初先発の斎藤を大きく勇気づけるアーチとなった。

 「甘い球が来たら積極的にいくつもりだった。(斎藤は)初回に2点を取られたが、その直後に4点を取ったことで、気持ちを切り替えるいいタイミングになっただろう。その後は凄くいい投球をしていたしね。最初に1勝を挙げることが一番大変だから今後はもう少し楽になるだろう」。

 2点リードの6回に右越え2ランで貴重な追加点を叩き出した糸井も「この試合はいつも以上に注目を浴びている。だから、何としても勝とうと思った」と胸を張った。「あの4点はまるで倍返しだったね。斎藤も打線からあり余る“勇気”をもらったでしょう」と梨田監督。ルーキー右腕が試合をつくり、打線が援護する。「持ってる男」らしい、まさに理想的な展開だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース