松田、プロ初サヨナラ弾!“恐怖の8番”だ

[ 2011年4月18日 06:00 ]

<ソ・西>9回2死二塁、サヨナラ本塁打を放ちベンチを指さす松田

パ・リーグ ソフトバンク10-8西武

(4月17日 ヤフードーム)
 ソフトバンク・松田が乱打戦を制する一発を放った。8―8の9回2死二塁。西武・シコースキーの144キロ直球を左翼席に叩き込んだ。

 この日2本目の2号2ランは、プロ6年目で初のサヨナラ弾。ナインの手荒い祝福を受け「どんな形でもいいから勝ちたかった」と声を震わせた。

 パ・リーグでは史上3度目の両チーム毎回安打。合わせて29安打の打ち合いとなった。松田も2回に今季1号ソロを放つなど3安打3打点と大暴れ。内川、カブレラらの加入で8番に座るが、本来「4番」を嘱望される長距離砲は「8番でもやりがいはある。与えられた場所で100%力を出すだけ」。下位打線の活躍を称えた秋山監督は「今年もパは厳しい戦い」と、気を引き締めていた。

 ▼ソフトバンク・岩崎(5回2/3を2失点もプロ初勝利ならず)しようがない。長いイニングを投げられなかったのが一番の原因です。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース