全日本大学野球 東北3代表も出場も球場は未定

[ 2011年4月18日 18:58 ]

 第60回全日本大学野球選手権(6月7日から6日間)の組み合わせ抽選が18日、東京都内で行われ、東京六大学連盟などシードされた6連盟の代表校は2回戦からの登場となった。東日本大震災の被災地の3連盟(北東北、南東北、仙台六大学)からも出場し、例年通り26校で争われる。

 会場は神宮球場と東京ドームを使用する予定だったが、震災の影響による電力事情を考慮し、5月18日に開かれる全日本大学連盟の理事会で球場や開始時間などを決める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース