畠山、4番で2発!“予告お立ち台”で笑顔

[ 2011年4月18日 06:00 ]

<ヤ・横>6回、ヤクルトの先頭打者・畠山がこの試合2本目の左越えソロを放つ

セ・リーグ ヤクルト4-0横浜

(4月17日 神宮)
 4番で今季初先発のヤクルト・畠山が2発を含む3安打3打点。2回に左翼席に先制弾を放ち、3回は中前適時打、6回も左翼席に2号ソロを放った。

 打撃不振で開幕から4試合は先発を外れたが、増渕とともにお立ち台も上がり「去年も増渕が投げるときはよく打った。試合前に“2人でお立ち台だ”と話していたら現実になった」と笑顔。東日本大震災で被災した岩手出身の28歳は「明るいニュースを届けたい」と意気込んだ。伊勢総合コーチは「当分、3番・レフトでいける」と今後の先発起用を示唆した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース