悔しい原監督「「粘り強く放られたというか、放らせてしまった」

[ 2011年4月18日 08:09 ]

<広・巨>プロ初先発初勝利の福井(左)はウイニングボールを手に野村監督のねぎらいを受ける
Photo By スポニチ

セ・リーグ 広島4-3巨人

(4月17日 マツダ)
 広島の新人、福井に初勝利を許した巨人・原監督は「粘り強く放られたというか、放らせてしまったというかね。球種もあるし気持ちも強そうだし、非常にいい投手が入ってきたと思います。対策というところをこれから考えていかないといけない」と悔しさをにじませた。

 福井がプロ初三振を奪ったのは主砲ラミレスから「全ての球を良いコンビネーションで投げていた。新人としては素晴らしかった」と評価していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース