やっぱり鬼門!?虎打線沈黙…今季初の完封負け

[ 2011年4月18日 06:00 ]

<中・神>4回1死、三振に倒れた新井貴はガックリ

セ・リーグ 阪神0-1中日

(4月17日 ナゴヤドーム)
 まさにお手上げ状態だった。阪神は中日の先発・ネルソンの前に7回まで散発3安打無得点。8回からは中継ぎ陣に翻弄(ほんろう)された。走者を出したのは5回まで。6回以降は5イニングをパーフェクトに抑え込まれた。10回の攻撃でたったの3安打。三塁も踏めず今季初の完封負けを喫した。

 140キロ台後半の直球と120キロのスライダーが次々と低めに決まっていく。強打を誇る猛虎でさえ、助っ人右腕の緩急自在の投球に苦しめられた。3月12日の練習試合では6回6安打無得点と抑えられており、十分対策を練って臨んだはずだったが攻略できなかった。和田打撃コーチは「開幕戦よりよかったね。前に飛ばなかった。150キロが出るピッチャーで低めの変化球に手を出しているとつかまえにくい」と敗因を分析した。

 マートン、ブラゼルの両外国人も全くタイミングが合わず無安打。ただ、下を向いていても仕方がない。「負けて本当に残念。最初の3試合で2安打、このカードも2安打と同じような状態が続いている。結果は出ていないけどまだ6試合終わっただけだしね」。マートンが前向きな発言に終始すれば、4番の新井も「下柳さんがナイスピッチングだった。次は援護してあげたい。あさってからまたね」と19日からの巨人戦(甲子園)へ気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース