斎藤 55%から14%に大幅減 井口にガツンといかれ軌道修正

[ 2011年4月18日 07:49 ]

<日・ロ>5回4失点でプロ初勝利を挙げた斎藤
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム8-4ロッテ

(4月17日 札幌ドーム)
 日本ハムの斎藤が初先発初勝利を飾った。

 初球はこの日最速、144キロの直球。先頭の岡田は空振り三振に仕留めたが、1死一塁で井口に外角の直球を右中間に運ばれた。するとその直球を捨て、変化球主体の投球に軌道修正。その後の78球のうち直球は10球のみで、全92球の中でも14%の13球。3月27日のロッテとの練習試合(札幌ドーム)での55%から、大幅にパターンを変えた。低めを徹底して突く「勝つ投球」で、15アウトのうち11がゴロアウト(併殺含む)。必死に結果をつかみ取った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース