福留「無理できない」けど“強行復帰”で貢献

[ 2011年4月18日 06:00 ]

ロッキーズ戦の2回、生還したペーニャを迎えるカブス・福留

ナ・リーグ カブス8―3ロッキーズ 

(4月16日 デンバー)
 左太腿裏を痛めていたカブス・福留が、7番・右翼で5日ぶりに試合復帰を果たした。

 代役のコルビンが打率・132、ジョンソンが同・182と不振とあって、患部は「まだ無理できない」という状態ながら復帰を決断した。2回の守備では右中間の飛球を、フェンスに激突するまで追うハッスルプレー。惜しくも捕れずに「(球が)グラブに当たっただけに悔しかった」と話したが、7回2死一、三塁では試合を決定づける左前適時打を放った。7回の守備からベンチへ退き「まだ慣れが必要」とブランクを口にしたが、チームも勝利し「脚の怖さもなく、いつも通りゲームに入っていけた」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月18日のニュース