松下電器 投打にプロのパワーさく裂

[ 2008年9月3日 06:00 ]

2番手で登板、好投した松下電器の相木

 【都市対抗 松下電器4―1ヤマハ】1点リードの6回から登板した元オリックス、阪神の相木が4回を1安打無失点に抑えて初戦突破。派手なガッツポーズで都市対抗デビューを締めくくった横手投げ右腕は「ひと言で言うと、必死でした。松井監督の初勝利で僕は初登板でしたから。リズムをつくることだけ考えました」と胸をなで下ろした。

 昨年10月に阪神から戦力外通告を受け、今季から加入。得意のシュートで8回1死一塁では4番の佐藤を遊ゴロ併殺に仕留めるなど、落ち着いたマウンドさばきでプロ90試合登板の貫禄を見せた。
 打線では同期入社の元横浜・田中充が4回に同点打を放つ活躍。10月1日から社名が「パナソニック」に変わるため「松下電器」の名前で出場する最後の都市対抗。元プロ・パワーで初優勝を目指す。

 <名門ヤマハが初戦で散った…>5年連続出場で過去3度優勝の名門ヤマハが3年ぶり初戦敗退を喫した。3回1死満塁から広瀬が一ゴロ併殺に倒れるなど3併殺の拙攻が響いた。高柳監督は「打線がつながらなかったのは結果論。しようがない」と言いながらも落胆を隠せなかった。先発で5回6安打2失点と粘った三菱自動車岡崎からの補強選手・元木は「先行して力みが出てしまった」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年9月3日のニュース