甲子園より緊張した熊代…日産姿消す

[ 2008年9月3日 19:22 ]

 【都市対抗・日産自動車1―5三菱重工神戸】優勝候補に挙げられていた日産自動車は1回戦であっさり姿を消した。

 看板の強力打線がわずか3安打に抑え込まれ、1点しか奪えなかった。3番に入った熊代は無安打。愛媛・今治西高で昨年の春夏の甲子園をわかせた新人は「甲子園よりも緊張した。打てなくて、残念」と悔しそうだった。
 2年連続準優勝した2006年以来、2年ぶりの出場だった。久保監督は「自分の采配がうまくいかなかった。試合の流れをつくれなかった」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年9月3日のニュース