5連敗…横浜の前じゃネコになる虎

[ 2008年9月3日 06:00 ]

7回、阪神2死二塁、一ゴロに倒れ、悔しそうなアニキ金本

 【阪神3―5横浜】なぜか最下位に分が悪い阪神。これで横浜戦5連敗。岡田監督は「ずっと打てていない」と、ここ5試合の同カードで平均2・2得点の貧打を嘆いた。指揮官が「あそこで(1本)出んと」と悔しがったのが5回。2死満塁から林威助(リン・ウェイツゥ)があえなく遊飛に終わった場面だ。凡打を責めたのではない。「同じ空振りするやろ。ずっと引きずっている」と外角低めのスライダーを空振りした2球目のスイングが、同じ球で三振した1打席目から進歩がないと指摘した。2日は巨人も敗れて優勝マジックが「24」に減ったことだけが、せめてもの救いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年9月3日のニュース