ノーヒットなんとか免れたソフトバンク (1/2ページ)

[ 2008年9月3日 06:00 ]

4回、ダルビッシュから死球を受け、顔をしかめる松中

 【ソフトバンク0―2日本ハム】ソフトバンクは6回に本多が中前打を放ち無安打無得点こそ免れたが、ダルビッシュに手も足も出なかった。1安打以下に抑えられたのは06年4月15日の日本ハム戦で3投手に無安打に封じられて以来。王監督は「1安打じゃ勝てませんな。完全に力負け」と嘆き節だった。これで27イニング連続無得点と打線の不振は深刻だ。指揮官は「きょうは完敗」と、うつむきがちにバスに乗り込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年9月3日のニュース