松井秀 奇跡信じ「勝っていくしかない」

[ 2008年9月3日 14:40 ]

首位レイズに快勝、喜ぶ松井秀(右から2人目)らヤンキース選手

 【ヤンキース7-2レイズ】「去年のロッキーズはどれくらい勝ったんだっけ」。首位レイズとの対戦を控えてヤンキースの松井秀は言った。1試合のワイルドカード決定戦も含め、最後の15試合で14勝してプレーオフ進出を決めたロッキーズの歴史的快挙が頭にある。

 勝ち続けるしかない。追い詰められたヤンキースが掲げる合言葉はそれだけだ。ヤマ場について語ることを避けてきたジラルディ監督だが、ここにきて「ことし一番大事な遠征。とにかく勝ち続けるしかない」と言う。
 松井秀は6回1死一、二塁、左腕ミラーから適時打を放った。「決して甘い球ではなかったけど、うまく打てた」。外角球をライナーで中前にはじき返した。
 復帰試合から14試合連続で先発出場を続ける。「1試合1試合勝っていくしかない。(今日勝って)もちろん良かったですけど、あした勝つ、それだけです」。総力戦に出たチームとともに走り続ける。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年9月3日のニュース