斎藤が猛烈復帰アピール トーリ監督は…

[ 2008年9月3日 06:00 ]

 【ドジャース5―2パドレス】右ひじじん帯を痛めて故障者リスト入りしている斎藤が、離脱後初めてチームに合流。投手コーチらの見守る前で直球やカーブを投げ、早期復帰をアピールした。トーリ監督は「スライダーを見ないと戦力として計算できない」と慎重を期すものの、斎藤は「変化球を投げて問題ないならすぐにでも」と意欲。来週にも復帰の可能性が出てきた。試合はマダックスが6回途中2失点の好投で古巣パドレスを下し、移籍後初勝利。クレメンスと並び歴代8位タイの通算354勝とした。チームは3連勝で借金2。追い上げムードが漂っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年9月3日のニュース