ソフトバンク救援5投手が踏ん張った!

[ 2008年9月3日 22:12 ]

日本ハムに逆転勝利。マウンドでハイタッチするソフトバンクナイン

 【ソ4―3日】ソフトバンクは0―2の6回に松中の24号で1点を返し、7回に高谷の2点二塁打などで3点を奪って逆転した。3勝目の佐藤ら救援5投手が踏ん張り、逃げ切った。日本ハムは好機を生かせず、先発の武田勝が7回につかまった。

 ≪最後までハラハラ≫ソフトバンクは何とか逃げ切ったが、投手陣が不安定で、最後まで冷や汗をかいた。
 先発した新垣の2失点は、いずれも2死から食らった一発。8三振を奪いながら、5四球も出すという内容を「いい面も悪い面も出た。もっと球数を減らさないと」と反省した。
 1点リードの9回に登板した馬原にしても、2四球、2暴投。「ひっかかる球が多かった」とさえない表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年9月3日のニュース