田中刑事は76・57点で4位発進「この空間はありがたい」

[ 2020年11月27日 20:44 ]

フィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯第1日 ( 2020年11月27日    大阪・東和薬品ラクタブドーム )

田中刑事
Photo By スポニチ

 男子ショートプログラム(SP)で、田中刑事(倉敷FSC)は76・57点で4位発進となった。

 最終滑走で登場すると冒頭の4回転サルコーで大きくバランスを崩し、演技後半の連続3回転でもミスが出た。それでも、ファンの前で全力で演技できたことに「スケートの楽しさが分かるような時間だった。この空間はありがたいなと思った」と振り返った。表彰台を見据え、28日のフリーに臨む。「このご時世で、滑れることに感謝を持ちながら滑りたい」と意欲を口にしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月27日のニュース