男子SPは鍵山優真が首位、2位に友野一希、3位は本田ルーカス剛史

[ 2020年11月27日 20:34 ]

フィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯第1日 ( 2020年11月27日    大阪・東和薬品ラクタブドーム )

NHK杯男子SP 演技する鍵山優真
Photo By スポニチ

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、シニアのGPシリーズ初出場の鍵山優真(星槎国際高横浜)が87・26点をマークし、首位に立った。友野一希(同大)が83・27点で2位、全日本ジュニアを制した本田ルーカス剛史(木下アカデミー)が79・22点で3位につけた。

 田中刑事(倉敷FSC)は76・57点で4位、佐藤駿(フジ・コーポレーション)は72・04点は7位となった。

 男子フリーは28日午後7時35分に始まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月27日のニュース