坂本花織が75・60点で首位「やりましたぁ!」どや顔の新構成完遂

[ 2020年11月27日 16:56 ]

フィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯第1日 ( 2020年11月27日    大阪・東和薬品ラクタブドーム )

フィギュアNHK杯女子SP 演技する坂本花織
Photo By 代表撮影

 女子ショートプログラム(SP)で坂本花織(シスメックス)は75・60点をマークし、首位に立った。

 これまでとジャンプの構成を変えたSP。ダブルアクセルを冒頭に決めるとループからルッツに変えた単発の3回転も成功し、演技後半に組み込んだフリップ―トーループの連続3回転も鮮やかに決めた。演技を終えると、どや顔で両拳を握りしめた。

 インタビューでの第一声は、笑顔で「やりましたぁ!」。ハイスコアをマークし、「ノーミスでできたので今後の自信になった」と手応え十分。28日のフリーでは、初のGP優勝が懸かる。「迫力のあるフリーをお見せできるよう、パワフルに滑りたい」とタイトルを見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月27日のニュース