須本光希がNHK杯棄権、26日に37・7度の発熱

[ 2020年11月27日 13:12 ]

須本光希
Photo By スポニチ

 日本スケート連盟は27日、同日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)に出場予定だった男子の須本光希(関大)が棄権することを発表した。

 26日夜、須本から37・7度の発熱の報告があった。日本連盟が定める大会参加基準では37・5度以上の発熱などが大会2日前?当日にあった場合、原則出場不可としている。実行委員会で検討した結果、この基準に則り、須本の欠場が決まった。

 日本連盟によると須本の体調は安定しており、現時点で体温は36・8度。オフィシャルホテルを離れ、かかりつけ医の診療を受ける予定という。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月27日のニュース