女子SPは坂本花織が首位、2位に樋口新葉、3位は山下真瑚

[ 2020年11月27日 16:52 ]

フィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯第1日 ( 2020年11月27日    大阪・東和薬品ラクタブドーム )

フィギュアNHK杯女子SP 演技する坂本花織
Photo By 代表撮影

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(シスメックス)が75・60点で首位発進した。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は失敗したものの、樋口新葉(明大)が69・71点で2位、山下真瑚(中京大中京高)が67・56点で3位につけた。

 全日本ジュニア選手権を制した松生理乃(中京大中京高)が65・74点で4位、横井ゆは菜(中京大)が65・18点で5位、河辺愛菜(木下アカデミー)が63・62点で6位。2季ぶりのGP出場となった三原舞依(シスメックス)は63・41点で7位、川畑和愛(早大)が59・83点で8位、本田真凜(JAL)は58・30点で9位、荒木菜那(中京大)は57・45点で10位、浦松千聖(中京大中京高)は56・45点で11位、劉永(韓国)は55・56点で12位となった。

 女子フリーは28日午後3時25分にスタートする。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月27日のニュース