渋野日向子 スコア伸ばし通算7アンダーで折り返し 首位から2打差以内に9人

[ 2020年11月27日 12:57 ]

女子プロゴルフツアー ツアー選手権リコー杯 第2日 ( 2020年11月27日    宮崎・宮崎CC=6543ヤード、パー72 )

<リコーカップ・2日目>スタート前笑顔を見せる渋野と原(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 国内ツアー今年最終戦となるメジャーの第2ラウンドがスタートした。1打差2位の最終組で出た渋野日向子(22=サントリー)が3バーディー、ボギーなしの33と伸ばし、通算7アンダーの2位タイで前半9ホールを折り返した。首位とは1打差。渋野と同じく通算7アンダーの2位タイには同組で単独首位から出た原英莉花(21=日本通運)、三ケ島かな(24=ランテック)が並んでいる。

 通算8アンダーの単独首位は15位から出た“ミレニアム世代”で史上3人目の3週連続優勝がかかる古江彩佳(20=フリー)。16番を終えて2イーグル、4バーディー、1ボギーの7アンダーと大きく伸ばしている。首位から2打差以内に9人がひしめく混戦模様となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月27日のニュース