渋野日向子「のびのびと、がんばりたい」 好発進に笑顔 新たな挑戦が好スコア生む

[ 2020年9月11日 07:30 ]

米女子ゴルフツアー ANAインスピレーション 第1日 ( 2020年9月10日    米国カリフォルニア州ミッションヒルズCC=6780ヤード、パー72 )

ホールアウト後の会見で笑顔を見せた渋野日向子
Photo By スポニチ

 海外メジャー第2戦が10日(日本時間同日深夜)に開幕し、米国での初めての試合となった渋野日向子(21=サントリー)が4バーディー、2ボギーの2アンダー「70」と好スタートを切った。ホールアウト時点で首位と2打差。日米ツアー今季4戦目で、初めてのアンダーパーでのラウンドとなった。

 
 これまでの悔しさを進化に変えた。新たなスタイルで臨んだメジャーの大舞台。今季初のアンダーパーをマークし、好発進を決めた。「今年、1番いいゴルフができたんじゃないのかなと思います。最後まで粘って、2アンダーで回れたのは嬉しかった」と声が弾む。やっぱり渋野には、笑顔がよく似合う。

 今季はここまで全3試合で予選落ち。前回女王として臨んだ8月のAIG全英女子オープンでは、リンクスの壁に跳ね返された。険しい表情で、「言葉にできないくらい悔しい」と言った。予選落ちの翌日。再び会場に向かった渋野は、新たな挑戦を決めた。これまではパットを強く打ち過ぎていたと分析。順手からクロスハンドに変えることで、海外のスピードの速いグリーンに対応できるのではないかと考えた。青木翔コーチに提案すると、「俺もそう思っていた」と返ってきた。1年前に自身が優勝杯を掲げた決勝ラウンドが行われているすぐ横で、黙々と球を打ち続けた。

 日本に帰国することなく、直接渡米。ロサンゼルスを拠点に、2週間にわたってゴルフ場にこもって練習を続けた。「アメリカで18ホールを回りながら練習する中で、かなりマッチしてくれた。(肩が)平行に保てる分、思った通りに転がってくれる」。人生で初めてのクロスハンドで臨んだ今大会。後半の2番での下りの2メートルのバーディーパットを決め、8番ではスネークラインの6メートルを沈めて粘り強くパーをセーブした。「微妙な距離が入ってくれたことが、今までと違う」。新たな挑戦が好スコアにつながった。

 課題に挙げていたアイアンショットも、本来のキレが戻ってきた。出だしの10番パー4で第2打をピン右2メートルにつけると、続くパー5の11番では3打目をピン右1メートルにピタリ。最終9番パー5でも、第3打を90センチにつけてバーディーで締めた。ここ数ヶ月、振り切れていなかったというアイアンショット。「攻めの気持ちを忘れていた。ピンを狙って振り切る練習をした」。持ち味だった攻めの姿勢に原点回帰。「振り切ることに関しては良かった」とうなずいた。

 「今日の2アンダーを無駄にしないゴルフができるように。のびのびとできるように、がんばりたい」。今季ここまでで味わった悔しさを晴らすのは、メジャーの大舞台がふさわしい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月11日のニュース