セリーナ、逆転勝利でママ対決制す「多くのことを乗り越えないと」

[ 2020年9月11日 05:30 ]

テニス・全米オープン 女子シングルス準々決勝   S・ウィリアムズ2―1ピロンコバ ( 2020年9月9日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

準々決勝を逆転勝利したセリーナ・ウィリアムズ(AP)
Photo By AP

 S・ウィリアムズは逆転でピロンコバとの“ママさん対決”を制した。第2セットにはコースを読み違えたサーブに対応するため、左手にラケットを持ち替えるリターンでポイントを挙げるなど、勝利への執念を見せつけた。

 出産から3年ぶりに復帰した相手に「母親がいかにタフか示した」と敬意を示した上で、自身も母として初の4大大会優勝を見据え「多くのことを乗り越えないと」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月11日のニュース