金谷、“興奮”アマ世界一!「マコーマックメダル」日本人初受賞

[ 2020年9月11日 05:30 ]

金谷拓実(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 日本ゴルフ協会(JGA)は10日、世界アマチュアランク1位の金谷拓実(22=東北福祉大4年)が、世界一のアマチュアに贈られる「マコーマックメダル」を日本選手で初めて受賞したと発表した。

 その年の夏の最後の大会を終えた時点でのアマチュア世界ランキング1位の選手にR&A、米国ゴルフ協会が授与し、過去にはジョン・ラーム(スペイン)らも受賞。金谷はJGAを通じて「名誉ある賞を受賞できて、とてもうれしく、興奮しています。次の目標は、海外メジャーで優勝することです」とコメントした。

 また大学の先輩でもある松山英樹(28=LEXUS)もJGAを通じて「受賞、おめでとう。金谷君とは、近い将来、自分と同じプロフェッショナルゴルファーとして活動することになるかと思います。お互いが切磋琢磨(せっさたくま)し、日本人プロゴルファーが世界で戦えることを、ともに証明していければと思います」と祝福のコメントを寄せた。

 金谷は今週末に渡米し、17日開幕の全米オープン(ニューヨーク州)で3度目の海外メジャーに挑戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月11日のニュース