秋吉翔太 プレーオフの末、逆転初優勝 九州オープン最終日

[ 2020年9月11日 15:40 ]

九州ゴルフ連盟創立50周年記念2020九州オープン最終日   優勝賞金1000万円 参加選手66人=うちアマ10人 ( 2020年9月11日    大分県大分市 大分東急ゴルフクラブ=6818ヤード、パー70 )

<九州オープン最終日>優勝した秋吉(右)は協賛のえんホールディングス・原田透社長からカップを贈られる
Photo By スポニチ

 2018年にツアー2勝を挙げている秋吉翔太(30=ホームテック)がプレーオフの末に逆転で大会初優勝を決めた。2打差の3位で出た秋吉は6バーディー、1ボギーの65でフィニッシュ。通算13アンダーで池村寛世(25=ディライトワークス)と首位に並び、プレーオフ1ホール目で決着をつけた。

 大会はコロナ禍のため当初予定の6月から延期。4日間から3日間に短縮されたが九州ゴルフ連盟創立50周年記念大会とあって、マンション・建設販売のえんホールディングス(福岡市)から協賛金1000万円が寄せられた。賞金総額3500万円、優勝賞金1000万円は大会史上最高額だった。

 【主な上位選手】
―13(1)秋吉翔太
  (2)池村寛世 197
―10(3)日高将史
  (3)中道洋平 200
―9(5)黒木紀至
  (5)稲森佑貴
  (5)福永安伸 201
―8(8)小田孔明
  (8)永野竜太郎
  (8)和田章太郎 202
―7(11)仲村譲二 203
―6(12)重永亜斗夢
  (12)出水田大二郎 204
(以下主な選手)
―5(14)時松隆光
  (14)比嘉一貴 205
―4(19)手嶋多一 206
―2(20)☆中村志凪 208
(☆はアマ)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月11日のニュース