伊達公子さん 大坂とブレイディを称える「素晴らしい内容 男子みたいにキープ、キープ」

[ 2020年9月11日 10:53 ]

テニス全米オープン第11日 ( 2020年9月10日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

伊達公子さん
Photo By スポニチ

 テニスの全米オープン第11日は10日(日本時間11日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われた。女子シングルス準決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は、同41位で第28シードのジェニファー・ブレイディ(25=米国)と対戦し、7―6、3―6、6―3でフルセットの末に勝利。2年ぶりの決勝進出を果たし、2度目の優勝に王手をかけた。決勝では、世界ランキング8位の第3シード、セリーナ・ウィリアムズ(38=米国)と同27位のノーシード、ビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)の勝者と対戦する。

 女子テニスの元世界ランキング4位の伊達公子さん(49)は、WOWOWのテレビ解説の中で「ブレイディは出せるものを出し切ったと言ってもいいんじゃないかと思う。素晴らしい内容の試合だった。女子は比較的にブレークが多いのに、男子の試合みたいにキープ、キープの試合、それだけサービスの力がある2人の戦いだった」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月11日のニュース