相撲協会 報道陣へ異例の“取材自粛”要請「感染リスク下げたい」

[ 2020年3月2日 05:30 ]

芝田山広報部長
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は1日、大相撲春場所(8日初日)の開催場所である大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、春場所を無観客で開催することを決めた。過去に一般客に非公開だった場所はあるが、無観客は史上初めて。力士の体調管理などを徹底し、感染者が出た場合は中止となる。

 協会は感染拡大防止を理由に、報道陣へ異例の取材自粛を要請した。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「申し訳ないが、部屋を訪れての取材はご遠慮いただきたい。お互いの接触を少なくして感染リスクを下げようとしている。15日間を感染者なしで終わりたい」と説明した。ただ、後援者らとの接触は現状では各部屋の判断に任されている。

 また、本場所開催中の力士は、通常なら取組後に東西の支度部屋で取材に応じる。春場所では入場口などの動線を分け、取材はミックスゾーンのみで対応する方針という。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース