ノルディック複合 暁斗が2季ぶりV!日本勢最多19勝へあと1

[ 2020年3月2日 05:30 ]

ノルディックスキーW杯複合個人第16戦 ( 2020年3月1日    フィンランド・ラハティ )

W杯複合個人第16戦で2季ぶりの優勝を果たした渡部暁斗
Photo By 共同

 渡部暁斗(北野建設)が2018年3月以来、2季ぶりの通算18勝目を挙げ、荻原健司が持つ複合の日本勢最多19勝にあと1に迫った。前半飛躍(ヒルサイズ=HS130メートル)で127メートルを飛び、120・0点で首位に立ち、2位と9秒差で発進した後半距離(10キロ)は終始先頭集団で走って逃げ切った。山本涼太(早大)は14位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は25位、山元豪(ダイチ)は28位、渡部善斗(北野建設)は後半距離を棄権した。

 苦戦が続いていた渡部暁が表彰台の中央に戻ってきた。前半飛躍でリードし、後半距離で逃げ切る得意の形。「表彰台に乗るというのではなく、勝てたというのは大きい。今季苦しかった分、うれしかった。(これまでの優勝と)また違う味がする」と、2季ぶりの勝利をかみしめた。

 一昨季のW杯個人総合王者で、昨季は総合2位。ただ筋力強化によって体重が増えた影響で、今季はこの試合を迎えるまで1桁順位が3度だけと振るわなかった。距離はJ・オフテブロ(ノルウェー)と先頭を交代しながら走ったが「よぎるのは今季のレース。(後続にかわされ)6位もあるかなと。怖かった」と明かした。

 それでも7・5キロすぎで前に出ると、そのまま押し切った。「いろんなことがかみ合った。復調したわけではない。たまたま。苦しんだ分、ちょっとご褒美をくれた」。経験豊富な日本のエースは、照れくさそうに勝利の余韻に浸った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース