車いすの部 男子は鈴木朋、女子は喜納が初優勝

[ 2020年3月2日 05:30 ]

東京マラソン ( 2020年3月1日    東京都庁前~東京駅前 )

車いす男子で優勝した鈴木朋(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 車いすの部の男子は東京パラリンピック代表に内定している鈴木朋樹(トヨタ自動車)が1時間21分52秒で初優勝を飾った。10キロ地点から後続を突き放す独走状態で、従来の大会記録を4分以上更新。海外の強豪選手が相次いで欠場する中で「無事に優勝することができて良かった」と笑顔を見せた。

 女子は日本記録保持者の喜納翼(タイヤランド沖縄)が大会記録を1分近く更新する1時間40分0秒で、初制覇した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース