八角理事長 無観客開催「力士には非常に厳しい土俵」

[ 2020年3月2日 05:30 ]

会見を終え一礼して席を立つ八角理事長(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は1日、大相撲春場所(8日初日)の開催場所である大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、春場所を無観客で開催することを決めた。過去に一般客に非公開だった場所はあるが、無観客は史上初めて。力士の体調管理などを徹底し、感染者が出た場合は中止となる。

 【八角理事長に聞く】
(会見冒頭のあいさつの中で)「無観客ではありますが力士の白熱した取組をお約束いたします」

 ――無観客に決めた経緯は。
 「いろいろ意見は出たが、お客さまに迷惑を掛けられないという観点で決めた。力士には非常に厳しい土俵であることは確か。緊張感の中で相撲を取るのと、全くお客さまがいない中で取るのは全く違うし、気持ちの高め方が非常に難しい。それをいかに高められるかが大切なことだと思う」

 ――開催期間中の対策については。
 「リスクを減らすのが大前提にあるので、場所中は公共機関ではなくバスなどを使って移動。体調管理に関しては体温検査を明日(2日)から始める」

 ――途中で中止となった場合の力士の成績などは。
 「検討中。(2日に)師匠会を開いて、いろいろ決めていくことになる」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース