聖火の動画投稿、一転OK 五輪組織委が見解訂正

[ 2020年3月2日 18:35 ]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、3月26日に始まる五輪の国内聖火リレーについて、一般の人が沿道で撮影した動画を会員制交流サイト(SNS)などのインターネットに投稿することは認められないとした説明を訂正し、一転して投稿は問題ないと明らかにした。

 組織委が国際オリンピック委員会(IOC)に再度問い合わせた結果、「過去同様、商用、販促利用を除き、IOCは個人が聖火リレーでの経験を個人使用の目的で撮影し、共有することを積極的に推進している」との回答を得た。

 東京五輪では、競技会場の中で観客が撮影した動画をSNSなどに投稿することがチケット購入・利用規約で禁じられており、厳し過ぎるとして反発の声が上がった経緯がある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース