女子オムニアム世界女王 五輪“確実”梶原は軽傷「打撲や擦り傷」

[ 2020年3月2日 05:30 ]

自転車トラック種目 世界選手権最終日 ( 2020年3月1日    ベルリン )

女子オムニアムで優勝を決め、日の丸を手に歓声に応える梶原悠未
Photo By 共同

 2月28日の女子オムニアムで優勝し五輪代表を確実にした梶原悠未(筑波大)は1日、レース中の転倒で負傷した左腕について、診察の結果骨折はなく軽傷だったことを明らかにした。「打撲や擦り傷くらい。握力も大丈夫」と説明した。

 梶原はオムニアムの第3種目エリミネーションで転倒して負傷。翌日のマディソンは出場を見合わせていた。これまで100件以上の祝福のメールなどが寄せられたといい「返事がしきれていない」と笑顔。五輪に向け「うれしい気持ちは今の間だけ。帰国したら気持ちを切り替える」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース