朝乃山、無観客開催に神妙「夜は外出を控えめにして手洗い、うがいを」

[ 2020年3月2日 05:30 ]

大相撲春場所が無観客で開催されることが決定し、取材に応じる朝乃山
Photo By 共同

 日本相撲協会は1日、大相撲春場所(8日初日)の開催場所である大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、春場所を無観客で開催することを決めた。過去に一般客に非公開だった場所はあるが、無観客は史上初めて。力士の体調管理などを徹底し、感染者が出た場合は中止となる。

 大関獲りに臨む関脇・朝乃山(高砂部屋)は、無観客開催の決定後、大阪市内で取材に応じ、「(無観客は)イメージできない。一人でも感染者が出たら中止になると思うので、夜は外出を控えめにして手洗い、うがいをしっかりしたい」と神妙に話した。

 26歳の誕生日となったこの日、錦戸部屋に出稽古して汗を流し、「飛躍の年にしたい」と意気込んだ。大関昇進のノルマは12勝。異例の空間で行われる春場所へ「チケットを買った人もいると思う。残念ですけどテレビの前で応援してくれれば力士は精いっぱい頑張ると思う。応援よろしくお願いします」と話した。

 ▼徳勝龍(先場所で幕尻優勝)決まったからには、いつも通りしっかりやるだけ。お客さんはテレビで見てくださっている。お客さんが会場の中に入れない分、より頑張らないといけない。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース