元SKE研修生の愛妻・あゆみさん、大迫を祝福「いつも夫が勝つと信じています」

[ 2020年3月2日 05:30 ]

東京マラソン ( 2020年3月1日    東京都庁前~東京駅前 )

<東京マラソン>日本新記録でゴールする大迫(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 アイドルグループSKE48の研究生だった大迫の妻・あゆみさん(31)は、2人の娘(7歳と1歳)と一緒に声援を送った。五輪代表に前進し「本当に良かった。いつも夫が勝つと信じています。いいところを娘たちに見せられて良かった」と、声を弾ませた。

 今大会に向けて約2カ月半、ケニアで合宿を張った。プロ転向、米国移住などのさまざまなこれまでの決断を振り返るように「また言い出したという感じだった。家族も慣れてきて、娘も“いってらっしゃい”と言うぐらいだった」と、新しい試みを温かく見守った。

 夫が早大在学中だった12年に結婚。アスリートフードマイスターの資格を取り、競技生活を支えてきた。厳格なイメージが漂うパートナーの素顔を、「思っているほどストイックではないです。ただ、集中力が高いだけ。ゾーンに入っていると、家でも私が言ったことが頭に入っていない」と明かし、自宅では「普通ですよ。靴下を放り投げて娘が怒っています」と、ほほ笑ましい様子を説明した。

 日頃は食事の制限をしている分、レース後は「お肉やお寿司」で祝杯を挙げるそうだ。

 日本新でゴールした後、夫婦は短く会話を交わした。「良かったね」と声を掛けると「うん」と返されたそうだ。「いつも通り平常運転のパパでした」。一仕事終えた夫を優しく見つめた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース