古山、中村組 女子マディソン15位で五輪枠確保「つなぐことができ良かった」

[ 2020年3月2日 05:30 ]

自転車トラック種目 世界選手権最終日 ( 2020年3月1日    ベルリン )

女子マディソンに出場した中村妃智(左)と古山稀絵。15位で東京五輪出場枠を獲得した
Photo By 共同

 女子マディソンの古山稀絵(日体大)、中村妃智(日本写真判定)組は15位で、五輪枠を確保した。

 前日のオムニアムで落車し、出場を見送った梶原の代わりに出場した古山は「みんなでためてきた(五輪ランキングの)ポイントだったので、つなぐことができ良かった」と胸をなで下ろした。2人一組で走るが交代がスムーズにいかない場面もあり、中村は「ミスが走りに影響してしまった」と反省。「集団に入って(体力を)リカバリーできる技術を鍛えたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月2日のニュース