樋口新葉 鍵山優真と四大陸選手権へ出発、フリーでトリプルアクセル「入れます」

[ 2020年2月3日 17:01 ]

四大陸選手権へ向け取材に応じる樋口新葉
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子の樋口新葉(19=明大)と男子の鍵山優真(16=星槎国際高横浜)が3日、四大陸選手権(6日開幕、韓国)に向けて羽田空港を出発した。

 樋口は練習を重ねてきたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)について、「フリーで入れます」と宣言。実戦での投入は初めてながら「1日1本はちゃんと降りられるようになって自信もついてきた」と手応え十分で、「アクセルに失敗してもその後のジャンプは練習で成功できているので、落ち着いてやりたい」と見据えた。

 1月30日までは大学の試験に追われ「3時間しか寝ないで、練習してテストという日もあった」と大忙し。「今は元気です」と笑い、新型コロナウイルスによる肺炎対策も「マスクを持ってきました。出歩かないようにしたい」と万全な様子だった。

 1月の冬季ユース五輪で金メダルを獲得した鍵山は、初のシニアの国際大会へ「自分の実力を試す良いチャンス。ショートもフリーもノーミスの良い演技をしたい」と意気込んだ。羽生結弦(25=ANA)が18年平昌五輪のプログラムに戻すことについては「目の前で見られるのでとても楽しみです」と目を輝かせ、「自分の目で見ないと分からないことがあると思うので、いろいろ勉強したい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース